HOME>特集>相場はどれぐらいか

内訳を知ること

相談

お見合いを安心して行うためには、まず費用の内訳も知っておきましょう。主に当日の食事や場所代、デート費用、世話人へのお礼です。地域や習慣によって違うので、受ける前に周囲にそれとなく確認しておくとさらにベターです。

誰が負担するのか

カップル

いろんな状況が考えられますが、基本的にお見合いの際の費用負担は近年では男女折半というのが殆どです。一昔前は男性側の負担が当たり前の時代もありましたので、年齢や地域によっては事前に話し合いを済ませておきましょう。

もしも断る際にはどうするのか

お見合いをしてすぐに縁が結ばれることもあれば、やはりお断りになるケースというのもあります。断りの際は紹介者を介して行い、費用負担についても同じく折半ということで、互いにマナーを守ってやり取りを行いましょう。

互いに配慮することが大切です

お見合いが見直されている時代ですから、単にお願いをして終わるということはマナーとしても失礼です。きちんと費用がかかっている部分をお互いに確認し、ご縁の有無に関わらずきちんと料金の支払いに関してもスムーズに行うことが大人としてのスマートな対応となります。費用や対応をおろそかにすると、今後の紹介がもらえなくなったりすることもあるので、丁寧にトラブルのないようにしましょう。

広告募集中